PR

Windowsのデータをバックアップする時は外付けHDDがおすすめ

Windowsのデータをバックアップする時は外付けHDDがおすすめ 未分類
記事内に広告が含まれています。

パソコン内の大事なデータを定期的にバックアップすることが大切です。使用環境にもよりますがパソコンの寿命は4から5年と言われています。せっかく蓄積してきたデータがいきなり消えるとむなしくなるので普段からバックアップする習慣を付けることをおすすめします。

なぜファイルバックアップをする必要があるか

いつ自分の使っているパソコンのHDD(ハードディスク)が壊れて中の大事なデータが消えるかわかりません。パソコンのHDDは3~4年(時間換算で約26,000~35,000時間)が寿命で交換すべてきと言われています。

一日1時間しか使わないHDDでしたら10年以上使える可能性もあり、毎日24時間ほぼつけっぱなしのような状態でしたら1年ももたない場合もあります。

HDDが壊れる3つの原因

  • 強い衝撃や通電不良
  • 長期使用による経年劣化
  • 不適切な環境での使用

強い衝撃や通電不良

動作中のパソコンや外付けHDDに強い衝撃が加えられると、プラッタと磁器ヘッドが接触して故障する可能性があります。また落雷による電気ショートや停電による突然の給電中止の原因でHDDがうまく機能しなくなることがあります。

長期使用による経年劣化

HDDにはプラッタ、磁気ヘッドなどさまざまな部品が使われています。HDDが起動している時は常に回転しています。そのため長期使用することにより摩耗し故障することがあります。

不適切な環境での使用

HDDには温度や湿度などの動作保証環境があり、温度が高い場所や低い場所の利用は避けましょう。湿度の高いところで使用するとHDD内部にダメージを与え寿命が短くなる傾向があります。埃の多い場所や喫煙環境での使用は避けるようにしましょう。

Windows10標準機能でバックアップをする方法

「設定」を開き→「更新とセキュリティー」→「バックアップ」でバックアップの設定ができます。

Windowsのスタートメニューで「バックアップ」を検索すると一発で出てきます。

「ファイルのバックアップを自動的に実行」をオンにすると自動バックアップを設定できます。

まとめ

Windows10の標準機能を使って定期的に外付けSSDやUSBにバックアップすることをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました