PR

iPhoneはどれぐらいの動画を保存できる?(ストレージごとに解説)

iPhoneはどれぐらいの動画を保存できる?(ストレージごとに解説) 未分類
記事内に広告が含まれています。

2021年7月に日本語版のYoutbeショートが実装されてから約1年。いろいろな企業がショート動画でプロモーション、集客を行っております。

iPhoneのカメラ性能も年々よくなってきて動画や写真の容量も大きくなってきました。ストレージ(容量)がいっぱいになると新しい動画を撮影できなくなりクリエーターとしては困る問題です。

iMovieを使うとiPhone上で動画編集から投稿までスマホひとつでできるのでストレージもあっというまにいっぱいになってしまいます。

iPhoneにどれぐらい動画を保存できる?

iPhoneの容量ごとに撮影できる動画時間を解説していきます。

撮影設定にもよりますが、目安として下記のリストを参照してください。

1,080p HD/30fps 動画4K動画
64GB約17時間約3時間
128GB約35時間約5時間
256GB約71時間約10時間
512GB約142時間約21時間

外付けのUSBを付けることでiPhoneの容量を気にせずに動画を撮影できます。

大事な動画は2ヵ所以上のバックアップをすべき

せっかく撮影した動画が消えてしまったらそれ以上に悲しいことはありません!

iPhone、パソコンのSSDと外付けHDD(ハードディスク)にバックアップを取っていたらデータが消える可能性はぐんっと低くなると思います。

iPhone対応するLightning端子付きのUSBもたくさん販売されていますので、動画クリエーターの方はひとつ持っているとバックアップに困らないでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました