PR

メルカリ出品のコツ 売れる商品は24時間以内に売れる!

メルカリ出品のコツ 売れる商品は24時間以内に売れる! メルカリ
記事内に広告が含まれています。

今回はメルカリで出品をするコツを記事にしていきます。どうして秒殺で売れる商品と永遠に売れない商品が存在するのか?

メルカリは人が商品を買うので必ず人が好むような出品方法があるはずです。私もメルカリを始めたばかりの人は全然売れませんでした。その中でコツをつかみ今では需要のある商品は24時間以内で売れるようになりました。

売れない出品者

売れない出品者にはいくつか共通項があります。

  • プロフィールを書かない
  • 写真が少ない
  • 写真の質が悪い
  • タイトルが雑
  • 説明文が極めて短い
  • キーワードを説明文に入れない

これらを改善していけば需要のある商品は売れていきます。

プロフィールを書かない

私はメルカリで買い物をする時に必ずその人のプロフィールを見てから決めます。理由としてはメルカリは顔を見ない商売になっていますので、プロフィールが唯一その売り手がどんな人なのか理解できる方法なので。

Googleで【メルカリ プロフィール テンプレート】を検索すると山のようにコピペOKの文書が出てきます。あるとないと全然イメージが違ってくるので最初はコピペして自分のプロフィールを埋めましょう!

写真が少ない

写真は10枚載せましょう

メルカリで出品をする際に10枚まで写真を載せることができます。

写真が1枚と10枚ある出品者で同じような商品を出していたらどちらを選びますか?私は間違えなく後者の方ですね!

例:服を売っているとしたら

  1. 表全体
  2. 裏全体
  3. 襟全体
  4. 襟アップ
  5. 袖全体
  6. 袖アップ
  7. 服のキャラクター
  8. ボタン
  9. 扱い方のラベル
  10. 表全体

最後に表全体に戻ると購入されやすくなりますよ!
実際にお店で服を買う時のこのような感じで服を見ますね。

写真を載せる時は自分が買うとしたらどの部分が気になるかを考えながら載せると分かりやすいです。

写真の質が悪い

しわくちゃの服とアイロンが掛かっている服でしたらどちらを選びますか?
私は間違えなくアイロンの掛かった服を選びます。

背景を白にするとより商品が見やすいので売りやすくなります。
写真を撮る前に商品を整え、良い背景で写真を撮りましょう・

タイトルが雑

例:「青い服」と「ナイキ―の青いTシャツで空気性抜群で汗もすぐに乾く」

メルカリは検索されたキーワードで新しい順で表示されます。キーワードが多ければ多いほど表示される可能性が出てきます。

説明文が極めて短い

商品の説明は1,000文字を目指す!

メルカリの説明文は最高で1000文字まで入れられます。限界まで調整してみましょう。

意味のないキーワードをたくさん入れるとメルカリから注意される可能性があるので、関係のあるキーワードを選びましょう。

まとめ

如何でしたか?たくさん高評価の付いている出品者の商品を見てみると勉強になります。
完全コピーはだめですが、真似をしながら書くとだんだん売れるようになっていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました