PR

苔を採集しメルカリで販売する方法、年収3,000万円の猛者もいる!

苔を採集しメルカリで販売する方法、年収3,000万円の猛者もいる! メルカリ
記事内に広告が含まれています。

こんにちは。
最近苔ブームになりメルカリ、ヤフオクなどで苔を販売している人が増えてきています。
先日、栃木県日光市に住んでいる清水さん親子がテレビで紹介されました。その親子が経営している苔専門店は苔日光で年収3,000万円もあります。
トレー(390mm×580mm)ひとつで2,000円から5,000円の間で販売されています。
年収3,000万円でしたら山を一つ買ってもそこまで損はないビジネスですよね。

苔が売れる理由

苔は様々なところで活用されています。


出典:kanai_style様

苔 インテイリア
出典:kokerium様

苔玉
出典:peleoo9th様

苔には消臭効果があると言われています。部屋の中に置いておくだけでも嬉しい効果ですね。

苔の育ち方

苔は普通の植物が持つ根っこを持っていません。持っているのは仮根と呼ばれる細長い細胞です。仮根は体を支える役割しかなく栄養もほどんと吸収しません。そのため苔は表面にある緑の部分で空気中の栄養と空気を吸収しています。
逆に栄養分の高い土で育てると栄養が多すぎて腐ったり、藻が増えたりします。おすすめは100均で売っている【多肉植物の土】です。
直射日光は避け、一日8から10時間弱い光が当たる場所でよく育ちます。

おすすめの種類

珍しく、育てにくい苔は高値で販売されています。高い順に紹介をしていきます。
カサゴケ:トレイ1枚(50cm×35cm)約5,000円
かさごけ
出典:苔図鑑

アラハゴケ:トレイ1枚約2,000円

出典:Amazon

スギゴケ(杉苔):トレイ1枚約1,500円
杉苔
出典:苔図鑑

スナゴケ:トレイ1枚約1,500円
すなごけ
出典:苔図鑑

メルカリの販売方法


始めたばかりの方はプラスチックの容器に入れ販売することができます。慣れてきたら大きなトレイ(50cm×35cm)で販売するといいでしょう。

まとめ

本格的に苔を販売し始めたら大量のトレイで育てることをおすすめします。6月から7月後半までの苔はよく育ちます。

参考までにいくつか苔専門店の写真を載せておきます。

出典:苔日光のインスタ


出典:MOSS FARMのインスタ

ここまでくると年収3,000万円も理解できる気がします・・・。
苔の勉強にもなるので、写真の下に貼っているリンクから苔専門店のインスタグラムを覗きに行くのもいいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました